Dr.亀山のトータルビューティー・コラム Column

大きな顔を小さくしたい

大きな顔を小さくして、リフトアップもしたい。大勢の女性が抱える願望の一つだと思います。青山ヒフ科クリニックでは、DysportやRegenoxを使用して、その願いをかなえます。RegenoxはDysportと同じ成分の新しい商品です。DysportやRegenoxは皮膚に浅く注射することにより、表皮細胞や真皮のコラーゲンエラスチンが増加し、皮膚が若返ることは第22回のコラムでお話しました。毛穴を閉じる作用もあることは第64回コラムで、お話しました。

顔が大きく見える場合、顎の骨そのものが発達している場合と、顎の筋肉が発達している場合の2つの原因があります。実は、顎の筋肉が発達している方は結構います。私はスルメが大好きで、毎日のように食べている。最近顔が大きくなってきたという方は、筋肉の発達によるものです。

この方は、小顔になりたいと来院されました。法令線から両頬にかけて、皮膚の浅い所に注射して、顔全体のリフトアップを図るとともに、ものを噛む時に使用する顎の筋肉(咬筋)に注射をしました。

横顔

筋肉にRegenox やDysportを少しずつ注射することにより、日常生活に影響を及ぼすことなく、筋肉が小さくなっていくのです。1か月に1回注射し、2ヶ月後かけて小顔を完成させました。治療開始3か月後には別人のように顔が小さくなっています。ちなみにこの患者様の体重は全く変わっていません。