Dr.亀山のトータルビューティー・コラム Column

グリーンジェネシス登場:赤ら顔、毛穴の開き、アンチエイジングに効果

青山ヒフ科クリニックでは長年波長1064ナノメーター(nm)のスーパーロングパルスヤグレーザーの出力を下げて中空照射して、アンチエイジングの治療に用いてきました。

上の図に示すように、レーザーを低出力で照射すると2日目から表皮が厚くなり、真皮のピンク色のコラーゲンが増加します。7日後には真皮は太いコラーゲンでびっしりと満たされ、黒くて長い弾力繊維も出現します。

上の方には顔全体からフェイスラインにかけてジェネシスを照射しました。顔全体とフェイスラインがリフトアップしています。最近ジェネシスの半分の波長の可視光線である波長532nmの緑の光を放射するグリーンレーザーが登場しました。いままでアンチエイジングに用いられてきたレーザーはジェネシスのような近赤外線や、赤い可視光線です。グリーンレーザーは、強い赤ら顔抑制効果、毛穴縮小効果を発揮するといわれています。これをジェネシスと同じように中空で照射のオンオフを繰り返すパルスモードで照射する方法をグリーンジェネシスといいます。

レーザーにて代謝を促進するには、ミトコンドリアを活性化する必要があります。ミトコンドリアはヘム色素という赤い色素を持っています。上の図に示すようにグリーンジェネシスの緑の光は赤いミトコンドリアやヘモグロビンにきわめて強く吸収されることがわかります。低出力レーザーが効果を発揮するには、ミトコンドリアを熱で破壊しない出力で、ミトコンドリアの電子伝達系のチトクロームCオキシダーゼというヘム色素を持つ酵素に吸収されることが必要です。細かい機序については次回のコラムで説明します。実際に波長532nm の緑色の光を放射するグリーンジェネシス(緑の矢印)と今までの1064nmの近赤外線を放射するジェネシス(青い矢印)を照射してみました。一部の 方では 2つのレーザーを共に照射して効果を比べてみました。上の吸光度のグラフを見ると、グリーンジェネシスは今までのジェネシスにくらべて、光がメラニンに吸収されにくく、肌を活性化するミトコンドリアをより強く刺激して代謝を上げてシワやタルミに効果を発揮することが容易に想像されます。グリーンジェネシスは赤みを低下させる作用、毛穴縮小作用も強いといわれています。なお照射は、エクセルVを製造するCutera社が定めた基準を、患者さんの肌質に合わせて改変して行いました。

こちらの方は青山ヒフ科クリニックのほぼすべてのオリジナル外用剤を使用しています。顔全体にグリーンジェネシスを照射しました。眉毛の外側や口角が上がっているリフトアップ作用が出現しています。肌の赤みも低下しています。

上の方は顔全体にグリーンジェネシス照射しました。 1回目は出力が高めで赤くなったので、この方の皮膚に合わせて調整して、1回目の2日後に再照射しました。照射後は肌の赤みが低下しています。全く同じ条件で撮影したのですが、照射前は全体の写りがややダークになっていることをご容赦ください。

拡大してみると、赤味が低下しただけでなく、目の下の小じわが消失しています。

こちらの方も顔全体にグリーンジェネシスを照射しました。顔の色が白くなり、頬のリフトアップが起こっています。この方は青山ヒフ科クリニックの毛穴レス美白ローションとリフティングエッセンス(レチノール)を使用しています。

 

2日後にもう1回グリーンレーザーを照射しました。鼻の毛穴はより閉じて、毛穴の黒い酸化した皮脂が低下しています。

上の赤ら顔、脂漏性皮膚炎の方には右側にグリーンジェネシスと従来のジェネシスを照射しました。左側にはグリーンジェネシスのみを照射しました。左右共に赤みが低下して毛穴が縮小しています。照射後は右側(向かって左側)のほうが左側(向かって右側)より強くリフトアップしています。

拡大してみると2種類のレーザーを照射した右頬(向かって左側)のほうがより強く毛穴が閉じています。本人は右側のほうがよりリフトアップして肌がつやつやして皮脂が低下したとのことです。この方はほぼすべての青山ヒフ科クリニックの外用剤を使用しています。

図11

僕も右に波長532mのグリーンジェネシス と波長1064nmの従来のジェネシスを照射し、左側にはグリーンジェネシスのみを照射しました。見てお分かりのように右側の眉(向かって左側です)の外側の方が左の眉の外側より強く上にあがり、右頬のほうが左頬より上がっています。目じりのシワは両側でなくなっています。僕は青山ヒフ科クリニックの毛穴レス美白ローション、毛穴引き締めホワイトエッセンス、セラビオを使用中です。

拡大して見ると2種類のレーザーを照射した右頬のほうより毛穴が閉じ、眼の下のたるみも改善しています。

こちらの方もほとんどすべての青山ヒフ科クリニックの外用剤を使用しています。グリーンジェネシス照射で赤みが低下して頬がリフトアップしてほうれい線も浅くなっています。さらにビタミンABC,グルタチオンとトラネキサム酸のイオン導入によりより毛穴が閉じて肌が白くなっています。ほうれい線も浅くなっています。

拡大像です。特に毛穴縮小とほうれい線が浅くなっているのがよくわかります。グリーンジェネシスに加えて、従来のジェネシスを併用することでより強い効果が発揮されることも判明しました。青山ヒフ科クリニックではミトコンドリアを活性化するという機序を念頭に置いて、グリーンジェネシスと従来のジェネシスを照射します。

 

▶グリーンジェネシス(単体)・・・¥27,500

▶ダブルジェネシスセット(ジェネシス+グリーンジェネシス)・・・¥38,500

 

▶¥16,500以上のイオン導入コースと【ジェネシス又はグリーンジェネシス】のセットの場合は・・・¥5,500割引き

▶¥16,500以下のイオン導入コースと【ジェネシス又はグリーンジェネシス】のセットの場合は・・・¥2,200割引き

▶血管腫 ポイント・・・¥3,300