13/01/19

オリゴノールVC導入の秘密


ドクターケイ化粧品のモデルチェンジをするに当たり、ビタミンC誘導体と相性のいい化粧品成分を探しました。
その時心に留まったのが、“オリゴノール”という植物エキスです。
オリゴノールは、中華料理のデザートとして広く知られているライチから抽出したエキスで、下に示すようにいろいろな作用を持っています。

1.剥がれた角層を改善、修復
2.バリア機能改善作用
3.保湿作用
4.美白作用
5.毛穴縮小作用
6.シワ改善作用
7.抗酸化作用

青山ヒフ科クリニックで使用するオリゴノールは、独自に開発された特別なオリゴノールで“Activedeliverysystem(ADS)-オリゴノール”というものです。
オリゴノールが大量のプラスとマイナスに荷電したカプセルに包まれています。
オリゴノールには、美白作用を持つアミノ酸システインが結合しているので、図には「オリゴノール-CS」と書かれています。
column75_01

通常皮膚の表面はマイナスに荷電しているのですが、肌が荒れたり、レーザー脱毛を行ったりすると角層に変化が起こり、プラスに荷電します。
プラスに荷電した皮膚を感知すると、ADS-オリゴノールのカプセル部分が直ちに破裂して、オリゴノールを大量に放出し、すぐ皮膚のダメージを修復・改善するのです。
column75_02

オリゴノールビタミンC導入をする際には、特別に開発したADS-オリゴノールをたっぷり皮膚に塗布します。
column75_03

その上に高濃度ビタミンC液をたっぷり浸したガーゼを乗せます。
column75_04

そして、青山ヒフ科クリニック独自のパルスタイプのイオン導入器を使用して導入します。
column75_05

驚いたことに導入を開始した途端、エステティシャンが「VCだけを導入するより、オリゴノールを先に塗ってからビタミンCのガーゼを乗せて導入した方が、ガーゼが早く乾く」と言い出したのです。色々な方にモニターで導入を行いましたが、いずれも結果は同じでした。ガーゼが早く乾くということは、ビタミンCがどんどん皮膚の中に入っていくということです。

僕は、どうしてガーゼが早く乾くのかを考えてみました。その結果、青山ヒフ科クリニックのイオン導入器は通常のイオン導入器とは異なり、大量の電極が付いていて、電極のプラスとマイナスが交互に変換することが最大の要因だと気付きました。

下の図をご覧ください。最初、ビタミンCの上にある(1)の電極はマイナス(-)に荷電しています。ですから、マイナスに荷電したビタミンCは電極と反発して、皮膚の奥深くに入ります。次の瞬間に(1)の電極はプラスに変換します。そうすると、皮膚の表面が荒れたと勘違いして、オリゴノールを包んでいたADSカプセルが破裂して、大量のオリゴノールが放出されるのです。(図6)
column75_06
オリゴノールを包んでいるカプセルには、プラスの電極もあるので、マイナスに荷電したビタミンCがオリゴノールを包んでいるカプセルのプラスの部分に結合して、オリゴノールと一緒に皮膚の中に入っていくのでしょう。

通常のビタミンCと異なり乾燥しません。肌がしっとりして、色が白くなり、毛穴も閉じる。荒れた肌も直ちに修復します。青山ヒフ科クリニックオリジナルの“高濃度ビタミンC”プラス“高濃度ADSオリゴノール”の相乗効果が実感できる、新しいコンセプトの導入をぜひ体験してみてください。

オリゴノールVC導入コースの詳細はこちら