シミ・くすみ

皮膚のメラニンが増加して、周囲の肌に比べて濃く見える状態がシミです。 くすみは顔全体のメラニンがストレスや炎症で増加した状態です。

シミの種類によって治療法が異なるので、診断をつけることが治療の第一歩です。 シミの種類は老人性色素斑、肝斑、両側性太田母斑の3つに大別されます。

老人性色素斑。直径数ミリから数センチにおよぶ円形から不整形の褐色斑です。一番ありふれたシミです。紫外線の蓄積作用で生じます。体質で若い人に生じるとソバカスといいます。

肝斑。両頬にあたかも茶色いレバーを張り付けたようにみえるので、この病名がつきました。女性ホルモンの微妙なアンバランスと紫外線に対する過敏反応で生じます。女性にしか生じません。

両側性太田母斑。眼の下から両頬の上に生じる原因不明の体質的なシミです。20代くらいにはじまり、少しずつ進行します。

治療法について

メラニン生成を抑え、あるいは出来てしまったメラニンを破壊、分解して、紫外線対策をしっかりすることが大切です。
下記の治療法があり、併用も可能です。患者様を丁寧に診察してご希望をお聞きし、肌質、治療経過をみて、じっくり相談して決定いたします。

MENU1

ビタミンC、アミノ酸、トラキネム酸の内服、あるいはカクテルビタミン注射。体内からメラニン生成を抑えます。すべてのシミのトリートメントの基本です。

写真:MENU1

MENU2

VCローションCクリームPTクリーム、甘草エキスクリーム、セラビオ、ハイドロキノン、アゼライン酸などのスキンケア。すべてのシミのトリートメントの基本です。

写真:MENU1

MENU3

メソセラピー
ビタミンC、アミノ酸などを高濃度含むオリジナルのメソセラピ-です。

MENU4

トリートメントでは高濃度VC導入スーパー美白リフトアップコースがオススメです。

写真:MENU4

MENU5

ライムライト
日本人専用に開発された最先端の光線療法マシンです。
顔全体の老人性色素斑やソバカス、くすみの治療に適しています

写真:MENU5

MENU6

Q-スイッチ、アレキサンドライトレーザー
濃い老人性色素斑や太田母斑の治療に適しています。

写真:MENU5

Dr.亀山's POINT

どうしてもレーザーは怖いと言う方もいます。そのような方にはオリジナル外用剤や、油溶性甘草だけでなくハイドロキノン、アゼライン酸も含めた4種類の美白剤の外用とイオン導入やケミカルピーリングを行います。

料金についてはこちら