クマ

眼の下の皮膚が薄くなり、その下にある静脈が透けて見える状態をいいます。眼の下の皮膚のメラニンが増加して、クマのように見える良側性太田母斑の場合もあります。クマと良側性太田母斑が一緒に生じることもあります。

治療法について

眼の下の皮膚のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増加させて皮膚を厚くすることがポイントです。太田母斑の場合は美白治療を行います。
下記の治療法があり、併用も可能です。患者様を丁寧に診察してご希望をお聞きし、肌質、治療経過をみて、じっくり相談して決定いたします。

MENU1

ビタミンC、B群、アミノ酸の内服やカクテルビタミン。細胞の代謝を円滑にします。ビタミンCはコラーゲンの合成になくてはならないものです。

写真:MENU1

MENU2

コラーゲンを増やすVCローションリフティングエッセンスセラビオエッセンスなどのスキンケア。

写真:MENU1

MENU3

トリートメント
フェイシャルトリートメントはオリジナルの皮膚活性化成分を効率よく皮膚に導入します。

MENU4

タイタンジェネシスライムライト
最先端の光線療法です。顔全体のコラーゲンを劇的に増加させます。

写真:MENU4

MENU5

スーパーメソセラピー
ビタミンC、B、ヒアルロン酸を高濃度含むオリジナルのメソセラピーです。コラーゲンを増加させます。

写真:MENU5

MENU6

ニューロノックス(ボトックス様製剤)
コラーゲンの合成を促進します。

写真:MENU5

MENU7

ヒアルロン酸注射
シワの深さ、部位に応じて異なる硬さのヒアルロン酸を選択します。
自前のコラーゲン合成を促進します。

写真:MENU5

MENU8

両側性太田母斑の場合はハイドロキノン、アゼライン酸などのスキンケアやQスイッチアレキサンドライトレーザーによる美白治療が必要になります。

写真:MENU5

料金についてはこちら