光治療

青山ヒフ科クリニックでは、可視光線の波長から赤外線まで幅広い波長のレーザーやインテンスパルスライト(IPL)を用いて、皮膚の浅いところから深いところまで、肌を活性化しつつニキビ、タルミ、シミなどの肌トラブルを解決します。一人一人の患者様の肌質、肌トラブルに応じたトリートメントを行います。

タイタン(近赤外線治療機)

表皮細胞の増殖、コラーゲンやエラスチンの増加をおこし、強力なリフトアップ作用を発揮します。効果が比較的長持ちする特徴があります。ダウンタイムはほとんどありません。

写真:MENU3

ライムライト(IPL)

メラニンやヘモグロビンに反応してシミや赤ら顔を治します。顔全体のくすみも改善します。

写真:MENU4

  ライムライトの特徴と効果  

1.日本人の肌に合わせた光治療

メラニンやヘモグロビンに反応する日本人の肌に合わせて開発された光治療です。
赤色や黒色に反応するため、シミ・そばかす・くすみや赤ら顔の改善に効果があります。
真皮層に作用してコラーゲン産生を促進させるため、毛穴の開きや小じわの改善、肌のハリ感アップにも効果的です。
当院では、さらにトーニング作用やコラーゲン産生促進に効果がある「ジェネシスレーザー」を併用しています。
ダウンタイムや痛みがなく、美白・リフトアップを実感していただけます。

2.施術前のご注意

・施術前に必ず医師の診察が必要になります。
ライムライトは、赤や黒に反応するため、日焼けなどのお肌状態によって施術できない場合があります。
また、治療中の疾患や内服中の薬は必ず医師にご相談ください。

・下記に該当される方は施術を受けられない場合があります
・強い日焼けをされている方
・妊娠中or妊娠の可能性がある方
・下記の疾患治療中の方
・光過敏症・肝斑・糖尿病・血液凝固障害
・痙攣発作の既往がある方
・ケロイド体質の方
・光過敏症の副作用がある薬を使用されている方(詳細はスタッフ確認してください)
・ペースメーカーを挿入されている方

3.施術について

※反応には個人差があります。

※照射後、強く反応して赤みやひりつきが出ることもありますが、2~3日かけて徐々に落ち着いてきます。

■施術直後からメイクが可能です。入浴や運動制限もありません。

お肌が乾燥傾向になるので、保湿をしっかり行ってください。施術後の肌状態維持のためにも紫外線対策を行ってください。

■次回の照射は3~4週間空けてください。

4.よくある質問

Q:照射後に反応して濃くなったシミやそばかすはメイクで隠せますか?
照射直後からメイクは可能です。
反応の程度や反応したシミ・そばかすが自然に取れるまでの期間には個人差があり、
場合によってはメイクで完全に隠れないこともあります。ご予定を調整しての施術をお勧めしています。

Q:ほくろにも効果はありますか?
色が薄くなる場合や逆に濃くなることもあるので、基本的には照射を避けています。
ほくろの完全な除去は、炭酸ガスレーザーをお勧めしております

Q:ニキビに照射しても大丈夫ですか?
強い熱が加わり、やけどやニキビを悪化させる可能性があるので避けています。

Q:痛みはありますか?
照射時の痛みは、輪ゴムで弾かれる程度です。(痛みには個人差があります)

Q:目の近くやまゆ毛の下も照射できますか?
眉下や骨より内側の眼球に近い部位の照射はお断りしています。
医師の施術で行うアレキサンドライトレーザーでの処置をおすすめしています。

Q:髭が生えている部分も照射できますか?
密に生えている髭に反応して強い熱が加わり、やけどのリスクがあるので照射は避けています。

Q:ボトックス注射やヒアルロン酸注射を行っていても照射できますか?
注射実施から2週間以降経過していれば照射可能です。
Q:肝斑にも効果がありますか?
照射後に濃くなる可能性があるため、当院では肝斑の方のライムライトの施術はお断りしています。
また、見えていない肝斑が照射後に出現する可能性もあります。

料金についてはこちら