フォトセラピー

青山ヒフ科クリニックでは、可視光線の波長から赤外線まで幅広い波長のレーザーやインテンスパルスライト(IPL)を用いて、皮膚の浅いところから深いところまで、肌を活性化しつつニキビ、タルミ、シミなどの肌トラブルを解決します。一人一人の患者様の肌質、肌トラブルに応じたトリートメントを行います。

治療法について

最先端のレーザーを取り入れています。水分に反応してホクロやクレーターを治す炭酸ガスレーザー、可視光線波長のアレキサンドライトレーザー、赤外線の波長のヤグレーザー、可視光線から赤外線の幅広い波長の光を放出するIPLのライムライト、比較的長い波長の赤外線を放出するIPLのタイタン、さらに長い波長でクレーター治療に特化したピクセルを、別々あるいは併用してシミ、シワ、タルミ、ニキビ、クレーターを治し、肌全体のキメを整えます。

アレキサンドライトレーザー


出力を上げるとメラニンに反応するので、シミやレーザー脱毛に利用します。レーザーピーリングによるクレーターの治療や顔のリフトアップが可能です。

写真:MENU1

ヤグレーザー


シミ、脱毛、毛細血管拡張、青から赤の刺青だけでなく、リフトアップも可能です。
アレキサンドライトレーザーに比べて、リフトアップ目的で照射した場合の色素沈着がおこりにくいという利点があります。

写真:MENU3

タイタン(近赤外線治療機)


波長が長いので、光が真皮深くまで入り、コラーゲンの合成促進がライムライトやヤグレーザーに比べて深いところまで起こります。タイタン、ヤグレーザー、ライムライトを併用すると表皮だけでなく、真皮も強力に活性化してクレーターも治ります。

写真:MENU3

ライムライト(IPL)


ライムライトでシミを治す利点は、Q-スイッチアレキサンドライトレーザーを使用する際のカサブタが生じにくい、すなわちダウンタイムが少ないということです。 ただし最低数回は行う必要があります。利点は地肌が白くなり肌の質感が改善することです。

写真:MENU4

ピクセルレーザー(エルビウムヤグレーザー)


肌に穴を開けて少しずつ肌の成分を入れ替えます。強力にコラーゲン産生を促進します。肌質改善やクレーターの改善、しみの治療に効果的です。微妙な出力設定が可能で、顔が腫れ上がるようなことはありません。後から照射するレーザーやIPLの効果やビタミンCのイオン導入の効果を増加させます。また、照射後の肌はキメが増しツルツルになります。まさにレーザーピーリングといえるでしょう。

写真:MENU5

料金についてはこちら