赤ら顔

皮脂の分泌が増加して毛穴だけでなく、肌全体が赤くなった状態を脂漏性皮膚炎といいます。
ニキビ・赤ら顔の徹底解説
脂漏性皮膚炎の徹底解説

主にTゾーンに起こります。悪化すると肌も荒れてきます。脂漏性皮膚炎はニキビと一緒にしばしば起こります。ストレス、ビタミンの不足、ホルモンバランスの変化でよく起こります。
皮脂の分泌を抑えることがポイントです。乾燥している場合は保湿します。

治療法について

皮脂の分泌を低下させ、排出をスムーズにして、炎症を起こす活性酸素やアクネ菌を消去することがポイントです。ストレスを減らす工夫も大切です。
下記の治療法があります。(併用することも可能です)
治療法は患者様のご希望をお聞きし、肌質・治療経過より、じっくり相談して決定いたします。

MENU1

ビタミンC、B群、アミノ酸の経口摂取やカクテルビタミン注射。
ビタミン類の摂取は細胞の代謝を円滑にし、ストレスを細胞レベルから低下させ、皮脂の分泌を抑制します。

写真:MENU1

MENU2

VCローションCクリームPTクリーム、男性ホルモンをブロックするアンチアクネローションなどのスキンケア。

写真:MENU1

MENU4

ニューロノックス(ボトックス様製剤)
皮脂の分泌や赤みを抑え、皮膚のバリア機能をアップします。

写真:MENU4

MENU5

ジェネシス
スーパーロングパルスヤグレーザーで、赤みを低下させます。

写真:MENU5

料金についてはこちら